中国が「ユダヤ人保護」資料を世界記憶遺産に申請準備 A級戦犯が救った歴史はどこへ?

上海ユダヤ難民記念館(画像は Harvey Barrison/ flickr )。

 

中国が戦前、ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人難民約3万人が上海に渡り、生活していたことを示す資料を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に申請する動きが出ている。

 

「抗日戦争勝利70周年」の今年、ユダヤ人保護に貢献した「人道国家」としての歴史を世界にアピールする狙いがあると見られる。このほど産経新聞が報じた。

 

記事によると、今回の申請を中心的に進めているのは、中国の「上海ユダヤ難民記念館」。同館は、集めた難民の名簿や証言、遺留品などの登録申請を政府に呼びかけている。しかし、当時、難民保護に積極的だったのは日本軍だった。日本軍は、上海の日本人居留区に「無国籍難民隔離区」を設置して難民を住まわせたが、中国側はその歴史をほぼ無視した形で申請を準備しているという。

 

2ページ目から全文をお読みいただけます

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language